PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

1. 虫歯とは

虫歯とは、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされる病気のことです。 歯周病と並び、口の中の二大疾患の一つです。 自然に治癒しないという特徴があります。 治療を受けたとしても、元の状態には戻りません。 『治った』わけではなく、修繕して『直った』だけです。 虫歯になってしまった部分を削って、金属などの詰め物で歯の代用をしているだけなのです。

こういった症状を感じたことはありませんか?

これらは、虫歯が進行しているサインの可能性があります。

2. 虫歯のでき方

口の中の虫歯菌は、食べ物に含まれる糖分を取り込み、歯を溶かす酸を作り出します。 この酸によって歯の表面が溶かされることを、『脱灰』といいます。 ところが、歯は唾液の作用によって、溶けても元に戻る力をもっています。 この元に戻る力のことを『再石灰化』といいます。 歯の表面では、飲食の度に『脱灰』と『再石灰化』が繰り返されています。

『脱灰』と『再石灰化』のバランスが崩れ、『脱灰』の時間の方が長くなってしまうと、『再石灰化』が追い付かなくなり、歯はどんどん溶けて元に戻らなくなっていきます。

これが虫歯のでき始めです。
再石灰化とのバランスがとれていれば、虫歯になることはありません。

3. 虫歯のリスクファクター

虫歯になる原因は様々ですが、大きく分けると3つの要因に分かれています。その要因が3つ重なる事で虫歯ができます。その要因の事を、虫歯のリスクファクターといいます。

(1)虫歯菌の量

〜Point〜
☆なるべく口の中の細菌を減らすために、正しいブラッシング法を身につけましょう。
☆大人から赤ちゃんへの唾液感染に気を付けましょう。

(2)唾液の能力と歯の抵抗力

〜Point〜
☆睡眠中は唾液の分泌がほとんどなくなるので、少なくとも就寝1時間前には飲食をしないようにしましょう。
☆定期的にフッ素を使用することで、強い歯質の歯にしていきましょう。

(3)食生活

☆食事のタイミングは特に重要
これは、甘い食べ物や飲み物を口にした際に、プラークのpHがどのように変化するかを表した、ステファンカーブというグラフです。
pH…酸性・アルカリ性の程度を示す単位のこと

通常口の中のpHは、ほぼ中性なのですが、飲食をすることによって酸性になります。酸性の間は脱灰が起こり、虫歯になりやすい危険な状態になりますが、時間が経てば再石灰化が起こり、中性の状態に戻ります。
こちらは規則正しく食事をとった時のステファンカーブです。

Aパターンでは、歯が酸にさらされている時間(溶けやすい時間)が少ないので、虫歯になるリスクは低いです。 気を付けなければならないのが、Bパターンのようにだらだらと食事やおやつを食べたり、寝る前に飲食をしたりすることです。
歯が酸にさらされている時間(溶けやすい時間)が多いため、虫歯になるリスクは高くなります。

〜Point〜
☆だらだら食いをやめて、毎日規則正しい時間にご飯を食べましょう。
☆寝る前には忘れずに歯磨きをしましょう。
☆好きな食べ物を我慢する必要はないですが、食べた後はしっかり歯磨きをして細菌を減らしましょう。

参考に、虫歯になりやすい食べ物(飲み物)・なりにくい食べ物(飲み物)をご紹介します。

(4)虫歯の発症・進行のプロセス(過程)

虫歯は口の中の環境を変化させることで、その発症や進行を停止させることができます。
図のAさんは、初期の虫歯があることを歯科医院で指摘されました。歯科医院で定期的にメンテナンスを行い、家では通院中に習った正しい歯磨きの仕方で徹底して歯を磨くようにしたところ、歯を元通りの状態に戻すことができました。
対してBさんは、虫歯が大きくなるまで放置していたため、歯を削り、詰め物をすることになりました。その後も特に生活を改善することなく、今まで通りに過ごしていると、1度治療した部分の歯が虫歯になってしまい、また削らないといけなくなってしまいました。

口の中の環境を変化させるには、まず虫歯のプロセス(過程)に介入すること…すなわち虫歯のリスクを診査・診断して改善を図ること、定期的なメンテナンスを受けることが必要になります。 リスクの改善を図ることなく、ただ虫歯になってしまったところを治療して修復しただけでは、どれだけ良い治療をしたとしても、おそらく虫歯は再発してしまいます。

(5)ライフサイクルとリスクの変化

同じ人でも、虫歯のリスクが生涯にわたって一定というわけではありません。

4. 虫歯に対する当院の取り組み

虫歯によって破壊された歯の形を、機能的かつ美しく修復することは、歯科医療の重要な役割です。 しかしもっと重要な役割は、定期的に歯の状態をチェックして虫歯のリスクをコントロールすることで、虫歯の発症を未然に防ぐことです。
当院では、患者様自身がご自分の歯の状態やリスクを確認できるよう、ひとりひとりに健康管理ノートをお配りしています。更に、定期的なメンテナンスに来ていただくことで、担当の歯科衛生士が生涯にわたって患者様の虫歯のプロセス(過程)に介入するため、虫歯の発症を未然に防ぐことができます。

5. 虫歯の進行度

C0 虫歯になる前兆
エナメル質が透明感をなくし白濁している状態。(要観察歯) まだ症状がなく、穴が開いていない状態なので十分な歯磨きや キシリトールやフッ素を応用すると、元の健康な歯の状態に戻すことができます。
C1 初期の虫歯
エナメル質まで溶かされた虫歯で痛みはありません。 少し削って詰める治療になります。
C2 神経に近い虫歯
虫歯が象牙質まで進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみたりします。
C3 神経まで進んだ虫歯
虫歯が歯髄(神経)まで進行しています。 何もしていなくてもズキズキと激しい痛みを伴います。 神経をとって、被せものをしなければなりません。
C4 末期の虫歯
歯の上の部分がほとんど虫歯にやられてしまった状態で、 歯の根元だけしか残っていません。痛みを感じる神経そのものが壊死してしまっているので、 痛みは感じません。この状態を放置すると、歯の根っこの先に膿がたまっていき、激しい痛みを感じるようになります。

6. 当院で行う虫歯の診査・診断

(1)検査の基本

●レントゲン写真撮影…歯や神経の状態を細かく診ることができます。
●視診…直接目で見て、虫歯の大きさを確認します。
●位相差顕微鏡…口の中の虫歯菌の種類や量などの確認ができます。治療前後の細菌の量の変化もご覧頂けます。
●口腔内写真撮影…治療をする前の状態を記録するために口の中の写真をカメラで撮影します。治療前・治療中・治療後を比較して、患者様にも変化を分かりやすくご覧いただけます。
●唾液検査…虫歯になるリスクや口の中の清潔度に関連する数値をデータ化し、ご自身の口の中の状態を把握することができます。

(2)虫歯検査で使用する最新設備

※当院では、患者様によりよい歯科医療を受けていただきたいという想いから、別途費用はいただいておりません。

【短い時間で正確な診断をしてあげたい】SMT

多項目の唾液成分を測定することにより、口の中の状態を総合的に評価することが可能になり、患者様の虫歯のリスクがすぐに分かります。

特徴
◆従来の唾液検査は、唾液を採取して結果が出るまでに2〜4日かかることもありましたが、このSMTを使う最大の特徴は5分で正確な測定ができることです。
◆一目でわかる結果シートが印刷できます。

【虫歯の大きさを正確に診断してあげたい】 ダイアグノデント ペン 2190

レーザー光が虫歯のみに反応して、数値で進行状態を表示する検査器です。数値が大きいほど虫歯が進行しています。

特徴
◆虫歯を数値で管理することができます。プローブから出たレーザー光は、通常測定しにくい部分まで到達し、虫歯の特性を読み取り、数値化します。定期的に使用することで虫歯の進行状態を把握し管理することが可能です。

◆やさしいレーザー光での測定を行います。これまで数値で虫歯の進行状態などを診査・診断するシステムは確立されていませんでした。 「ダイアグノデント ペン」は歯牙にそっと沿わせ、歯面に低出力のレーザー光を照射するだけなので、痛みもなく、小さなお子様や妊婦の方にも安心してご使用いただけます。また測定された数値で虫歯の進行状態をわかりやすく説明 できます。

【患者様が見えないところまで見せてあげたい】 高性能小型カメラ アインシュタインルミカ

ひとつの歯からお口全体まで映し出すことができるカメラです。

特徴
◆細かいところまで見ることができるので、説明が分かりやすくなります。

当院では、口腔内カメラでご自身のお口の中の状態や症状を確認していただき、治療前と治療中、そして治療後を比較して、どう良くなったかをご説明します。 例えば、手鏡ではほとんど確認出来なかったわずかな歯の亀裂や、小さな虫歯を大きくはっきりとモニターでご確認いただけますので、患者様に確認していただいた後に治療を行います。

7. 当院で行う虫歯の治療

(1)治療の基本

M・I(ミニマム・インターベーション=最小限の介入)治療
できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残すという、虫歯の最先端の治療方法です。 当院では、最先端で痛みの少ない虫歯の治療や予防を行います。 歯に栄養を送っている神経を抜いてしまった歯はもろくなりやすいので、神経も可能な限り残す治療方法をご提案します。 大切な歯を極力、抜かない方法で様々な分野の知識、技術を生かし、十分な説明をしたのち、心を込めて確実な治療をいたします。

(2)虫歯治療で使用する最新設備

※当院では、患者様によりよい歯科医療を受けていただきたいという想いから、別途費用はいただいておりません。

【麻酔時の痛みをなくしたい】アネジェクト
当院で使用する電動麻酔器と保温器です。

特徴
◆注射されている時の痛みが少ない
当院では、患者さまの治癒時の痛みを最小限にするために、麻酔の注射の無痛化に努めています。
「針の刺入時の痛み」 →細い注射針を使うので痛みを少なくできます。
「注射液注入時の圧力」 →コンピューター制御電動注射器を使うので正確な圧力をかけられます。
「注射液の温度」→保温器を使うので適度な温度調節を行います。

【虫歯を素早く治療したい】 VALOコードレス

自然な白い色の詰め物にLEDの光を当てて固めます。
※小さな虫歯であれば一日で治療が可能となります。

特徴
◆従来の機械は、虫歯治療で使う白い詰め物を十数秒かけて固めていましたが、この最新式の機械は3秒という速さで固めます。

【細かいところまで確実に治療してあげたい】 歯科用拡大鏡

最先端の歯科医療は裸眼では見えにくい細かい部分を拡大鏡で大きく患部を見て治療します。

特徴
◆レンズも明るくピントが合う位置が幅広いので、患者さまが動いても確実に捉え続けることができ、安心して治療をお受けいただけます。

友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3