PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

歯を失ってしまった部分を補う方法は、大きく分けて3つあります。 ブリッジ・義歯・インプラントのいずれかです。

ブリッジとは

失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法です。 残っている前後の歯を土台にして橋(ブリッジ)をかけるように作ります。 違和感も少なく、自分の歯のように噛めます。

メリット

1.治療期間が短い 2.固定式なのであまり違和感がない 3.自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める 4.1〜2本の欠損であれば保険を使うことができる。 5.外科的なことをしないので安心してできる。

デメリット

1.両側の歯を健康な状態でも削る必要がある。 2.削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなる。 3.支えとなる歯に大きな負担がかかる 4.歯のない部分の骨が次第にやせていくことがある。 5.前後に歯がないとできない。

お手入れ方法

ポンティック(歯のない所にある人工の歯)の下にたまった食べかすは、歯ブラシだけでは十分に清掃できません。歯間清掃用具(歯間ブラシ、スーパーフロスなど)を使ってお手入れしましょう。 ブリッジの下に出来るわずかな空間は、汚れがたまりやすく、臭いの発生源にもなります。

義歯<入れ歯>について(保険)

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。 顎の裏面を覆うような大きな入れ歯のことを指します。 すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。 歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。

お手入れ方法

機械的清掃

入れ歯専用のブラシを使って入れ歯についた食べかすや歯垢(デンチャープラーク)を取り除きます。

科学的清掃

入れ歯洗浄剤を使って科学的に清掃する方法です。 入れ歯には細菌やカビなどがつきやすく、保険の入れ歯で使われているピンクの素材は網目の構造になっているため細菌が繁殖しやすいです。入れ歯を使用する1日目から入れ歯洗浄剤を使用し、清潔に使われる事をおススメします。 歯ぐきが痩せたり、入れ歯の材質が劣化するので、定期的なメンテナンスが必要です。

義歯<入れ歯>について(自費)

金属床

強度に優れた金属を床に用いるため、とても薄い入れ歯をつくることができます。 密着性に優れ、ぴったり装着できるため、食事がしやすく会話も楽になります。 金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を瞬時に感じることができ、食感も楽しむことができます。 また、金属は雑菌や汚れがつきにくいため、衛生的にも優れた入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプ義歯は弾性を持った材料の入れ歯で、バネを使用せずに入れ歯を固定でき、軽くて薄く、舌触りの良い快適な入れ歯です。 歯ぐきに同化するため、入れ歯と気づかれにくく、金属アレルギーの心配もありません。

お手入れ方法

基本的に保険の義歯<入れ歯>と同じです。 自費の義歯<入れ歯>について詳しく聞きたい方はお気軽にスタッフにお尋ねください。

インプラントについて

インプラントとは(自費)

「インプラント(Implant)」とは、「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。 医療の世界では整形外科の人工関節などのことを、歯科の世界では歯を失ったところに人工歯根を骨に埋め込む治療のことをいいます。 インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

構造

インプラントは、右の図のように、大きく分けて3つのパーツから構成されています。
1.インプラント(インプラント本体・歯根)
2.アバットメント(人工の歯の土台・連結部分)
3.上部構造(人工の歯)

メリット

1.義歯をしっかり安定できること
2.残っている歯を削る必要がない
3.自然に噛めて、長持ちする
4.審美的である(見た目が天然歯に近い)

デメリット

1.治療期間が長い
2.治療費が高額
3.健康状態によって治療を受けられない。

友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3