PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

「歯ぎしり」「噛みしめ」の原因は、主に「ストレス」です。約96%の人がしている、一種の癖だと言われています。 ときには、次のような問題を引き起こします。
1.歯への障害:歯の摩耗、歯の破折、歯がしみる、噛むと痛いなど
2.歯周組織への障害:歯肉炎、歯周炎
3.顎関節への障害:顎関節痛、開口障害、カックン音など
4.全身への障害:顔面痛、頭痛、肩凝り、腕のしびれ、腰痛など
5.その他:舌痛症、むちうち症状、倦怠感など

この癖は、眠っているときや、何かに夢中になっているときに起こるので、気づきにくいという特徴があります。 治すための補助用のマウスピースを入れる方法もありますが、道具に頼るといつまでもそれを入れていなければならないし、止めればまた、戻ってしまいます。
「歯ぎしり」「噛みしめ」を改善する最大の治療は、ご自身がその癖に気づくことです。
パソコン操作に集中している時
調理に集中している時
シリアスなシーンのテレビ画面に集中している時
なにかでイライラしている時
ゲームに夢中になっている時
下を向いてケータイでメールを打っている時
考え込んでいる時


普段から唇は閉じても奥歯は強く食いしばらず、歯と歯を接触させないで顎をリラックスしてください。

日常の動作で、気が付かずに食いしばっていることがあります。 歯を接触させるだけでも歯・筋肉・舌など組織は疲労します。 時々意識して食いしばっていないか確認してみてください。 もし気づいたら顎の力を抜いて、上下の歯と歯を離してください。 ついでに肩の力も抜いてストレッチしてください。

また、睡眠中の食いしばりや歯ぎしりは、起きている時(意識下)の最大約6倍の力で食いしばるという研究結果があります。 それも、精神的ストレスにより増長することが確認されています。 寝る前には深刻な考え事はやめ、顎の筋肉をリラックスさせ、熟睡した質の良い睡眠となるよう心がけてみてください。 常日頃から「食べる・飲み込む・話す」以外は歯を合わせない! 顎をリラックスさせて過ごしましょう。

友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3