PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

1. 口腔内の構造

口腔内は上記の構造をしています。

◎口唇(コウシン)…唇のことです。

◎口蓋(コウガイ)…上図の硬口蓋と軟口蓋を合わせた部分を口蓋といいます。 上あごをべろで触りながら、喉のほうにたどっていくと、軟らかくなるところがあります。そこより後ろの軟らかい部分が軟口蓋、前の硬い部分が硬口蓋です。 発音・ものを飲み込むという役割を果たしています。また、味覚にも影響しているといわれています。

◎舌(ゼツ)…舌のことを歯科では「ゼツ」と呼びます。 舌はほとんどが筋肉でできていて、食べ物を飲み込んだり発音したりする際に使われます。また、舌の上には味蕾という、味を感じる器官があります。

◎歯肉(シニク)…歯ぐきのことです。 歯ぐきの中には、歯の根っこを支える歯槽骨という骨があります。

◎口角(コウカク)…口唇の端の部分です。この部分が炎症を起こし、荒れたり切れたりすることを口角炎といいます。当院での治療の際、口角炎で口を開けるのがつらい方には、口角に軟膏を塗って痛みを和らげます。

◎口蓋垂(コウガイスイ)…いわゆる「のどちんこ」と呼ばれる部分です。 何のためにあすのかは解明されておらず、要らないのでは?という説もあります。口蓋垂が大きい人は気道が塞がりやすいため、いびきをかきやすいという特徴もあります。

◎上唇小帯(ジョウシンショウタイ)…上唇と歯ぐきをつなぐスジの事です。 これが前歯の歯と歯の間まで伸びてしまっている状態を「上唇小帯付着異常」「上唇小帯低位付着」と言います。 基本的には成長と共に、上唇小帯はあがってきて問題なくなるので、乳歯の時には気にしなくても大丈夫です。永久歯に生え変わっても変わらないようであればご相談ください。

◎下唇小帯…上唇小帯と反対側で、下唇と歯ぐきをつなぐスジの事です。

2. 歯について

歯は、身体にとって大切な役割を担っています。その役割と仕組みをご説明します。

(1)乳歯

乳歯とは、子どものころに生えている歯のことです。「子どもの歯」という呼び方が一般的です。 上下左右5本ずつの、全部で20本。乳歯が生えることで、ものを噛むことができるようになり、顔の形も整います。 順番や時期が異なる場合もありますが、生後8か月から下の乳中切歯、上の乳中切歯の順に生え、そのあと前から奥へと順に、2〜3年かけて生え揃います。 平均的に、乳歯は10〜11歳ころに全てなくなります。 乳歯は、歯の質が未熟なため、むし歯の進行が早くなります。 この時期のむし歯や歯並びの問題は次に生えてくる永久歯に影響しますので、正しい歯磨きと定期健診を心がけましょう。

(2)生えかわりの仕組みとその時期

個人差はありますが、一般的に6歳前後から6〜7年かけて乳歯から永久歯へと生えかわります。

あごの中で永久歯が時間をかけて成長します。

永久歯の根が作られ始め、乳歯の根が少しずつ溶かされます。

乳歯の根が溶けてなくなると、乳歯が抜け落ち、永久歯に生えかわります。

(3)永久歯

永久歯とは、子どもの歯が抜けた後に生えてくる歯のことです。「大人の歯」という言い方でよく呼ばれます。 上下左右7本ずつの、全部で28本。「親知らず」を含めると全部で32本あります。 形状で3種類に分けられ、それぞれ異なる役割を持っています。

☆もっとも大きく、噛む力も強い第1大臼歯

第1大臼歯(奥歯)は、永久歯の中で一番大きく、噛む力も一番強い、噛み合わせの基本になる大切な歯です。しかし、むし歯になりやすい歯でもあるため、生えてきたら積極的なケアが必要です。

☆第1大臼歯がむし歯になりやすい理由

・奥に生えるため、歯磨きが難しい
・生え揃ってから上下の歯がかみ合うまでに時間がかかり、 その間に汚れがたまりやすい状態が続く
・噛み合わせの溝が複雑で、汚れがたまりやすい

(4)歯の構造

歯ぐきより上の「歯冠部(しかんぶ)」

人間の身体の中でもっとも固い組織である「エナメル質」が、「象牙質」、「歯髄(神経)」を外側から覆っています。
●エナメル質…歯の一番外側。鉄よりも固い組織
●象牙質…歯髄(神経)を取り囲む組織。むし歯がここまで進行すると痛みを伴います
●歯髄(神経)…神経と血管が集まっている大切な組織

歯ぐきより下の「歯根部(しこんぶ)」

歯ぐきによって、歯槽骨や歯根膜といった組織が守られています。
●歯ぐき(歯肉)…歯槽骨を覆う粘膜。歯槽骨、歯根膜を守る役割がある
●歯槽骨…歯を支える組織
●セメント質…歯根部の表面を覆っている組織
●歯根膜…歯槽骨に刺激が伝わらない様にクッションの役割をする組織

乳歯と永久歯の違い

子どもから大人に成長するにつれて、あごも成長して大きくなり、歯も「乳歯」から「永久歯」へと生えかわり、噛む力も強くなります。

(5)「食べること」以外の歯の大事な役割

歯は、食事やおやつの時に、食べ物を細かく噛み砕いて消化しやすくする役割はもちろん、実は多くの面で、私たちの毎日の暮らしに不可欠な役割も担っています。ご自身の歯をいつまでも健康に保ちましょう。 ☆噛む8大効用(8020推進財団 HP参考)

肥満を防ぐ

よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、私たちは満腹を感じます。 よく噛まずに早く食べると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ります。 よく噛むことこそダイエットの基本です。

味覚の発達

よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。人は濃い味にはすぐに慣れてしまいます。 できるだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう、心がけましょう。

言葉の発音がはっきり

歯並びがよく、口をはっきり開けて話すと、きれいな発音ができます。 よく噛むことは、口のまわりの筋肉を使いますから、表情がとても豊かになります。 元気な顔、若々しい笑顔は、あなたのかけがえのない財産です。

脳の発達

よく噛む運動は脳細胞の動きを活発化します。 あごを開けたり閉じたりすることで、 脳に酸素と栄養を送り、活性化するのです。 子どもの知育を助け、 高齢者は認知症の予防に大いに役立ちます。

歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。 この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、 細菌感染を防いだりして、 虫歯や歯周病を防ぐのです。

がんを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の発がん作用を消す働きがあるといわれ、 それには食物を30秒以上唾液に浸すのが効果的なのだとか。 「ひと口で30回以上噛みましょう」 とよく言いますが、よく噛むことで、がんも防げるのです。

胃腸の働きを促進する

「歯丈夫、胃丈夫、大丈夫」と言われるように、よく噛むと消化酵素がたくさん出ますが、 食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。 偏食なく、 なんでも食べることが、生活習慣病予防にはいちばんです。

全身の体力向上と全力投球

「ここ一番」力が必要なとき、ぐっと力を入れて噛みしめたいときに、丈夫な歯がなければ力が出ません。 よく噛んで歯を食いしばることで、力がわき、 日常生活への自信も生まれます。
友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3