PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

親知らずとは、一番奥に生えてくる歯のことをいいます。(前から数えて8番目) 個人差はありますが、20歳前後で生えてくることが多いです。 歯ぐきに埋まったまま生えない人や、生まれつき親知らずが存在しない人もいます。

親知らずによる問題点

親知らずは、斜めや横向きになることが多いです。 特に下の親知らずは、傾いて生えることが多いです。 そのため、親知らずをしっかり磨くことが困難となり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

親知らずの抜歯について

親知らずが周囲に悪影響をもたらすときは、抜歯する場合があります。 親知らずの一つ手前の歯は、かみ合わせに重要な歯です。 親知らずのせいで、その一つ手前の歯が
・虫歯や歯周病が進行している。または将来的にそのリスクがある。
・その歯の根っこに親知らずが当たっている
という場合は、抜歯の対象となることがあります。 また、親知らず自体が虫歯になっている場合や親知らずの周辺が歯周病のため腫れている場合、抜歯になることがあります。
親知らずの生え方、根の形態などによっては、近くの大きな病院をご紹介いたします。 最初の検査でお口全体のレントゲン写真を、みなさん撮影いたしますので、その検査結果をもとにそれぞれ最善のご提案をさせて頂きます。

友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3