PAGE TOP

当院へのネット予約フォーム

1. 歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている骨や歯の周りにある組織が、プラーク(歯垢)の中に含まれている歯周病菌に感染し、破壊されてしまう病気のことです。 「歯槽膿漏(シソウノウロウ)」とも呼ばれています。 虫歯と並び、口の中の二大疾患の一つで、人類史上最も感染者数の多い感染症とされています。なんと、日本人の成人の約80%の人は歯周病にかかっています。 最近の研究では、歯周病が生活習慣病などの全身疾患と大きく関連していることもわかっています。単に口の中の病気というだけではなく、全身の健康と深く関わりのある病気なのです。

こういった症状を感じたことはありませんか?

これらは、歯周病が進行しているサインの可能性があります。

ここで、健康な歯周組織と歯周病の進行した歯周組織を比較してみましょう。

上の2つの写真では、歯ぐきの色、形などに違いが見られます。 しかし、重要な違いは下の2つのレントゲン写真に表れます。 上の写真で見ると歯ぐきが残っている部分でも、下のレントゲン写真で見ると、歯を支える骨がずいぶんなくなっています。炎症を起こした歯ぐきの下で、歯を支える組織が失われているのです。

歯周病は自覚症状が非常にわかりにくいため、症状を感じたときにはかなり重度の歯周病に進行してしまっていることが多くみられます。そのため、早めに検査を行うことが大切です。

2. 歯周病のでき方

歯周病の直接的な原因はプラーク(歯垢)です。 このプラークの中で繁殖した、細菌の集合体(バイオフィルム)が、毒素を出して歯ぐきなどの歯周組織を破壊することで、歯周病になります。
歯周病は、プラークが歯と歯ぐきの境目である歯周ポケットに溜まることから始まります。

プラークがしっかり除去されずに残っていると、個人差はありますが2〜3日でプラークが石灰化し、石のように硬い歯石になります。 歯石の表面はボコボコしているため、プラークが付着しやすくなり、更に細菌の繁殖が進行してしまいます。

このような悪循環が起こると、歯周病はどんどん悪化していきます。 この悪循環を断ち切るためには、プラークや歯石をしっかり取りきることが大切です。

3. 歯周病のリスクファクター

歯周病になる原因は様々ですが、大きく分けると3つの要因に分かれています。その要因が3つ重なる事で歯周病になります。その要因のことを、歯周病のリスクファクターといいます。

(1)細菌

〜Point〜
☆虫歯菌と同じように、歯周病の菌も狄佑ら人にうつる″ことが分かっています。ご自身はもちろん、大切な人の健康を守るためにも歯ぐきのケアを行いましょう。

(2)からだ

〜Point〜
☆歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身に関わる病気という意識を持ちましょう。

(3)環境

〜生活習慣に関わるリスクファクター〜

【喫煙】
喫煙は歯周病の最大のリスクファクターです。血管を収縮させて歯ぐきの血行不良を引き起こします。喫煙者は、非喫煙者に比べて2〜8倍、歯周病になりやすく、歯周病菌に対する抵抗力が低下することによって歯周病を重症化させます。禁煙することは、歯周病治療の一部なのです!
【精神的ストレス】
体の抵抗力が弱くなることによって、歯周病が悪化しやすい状態になります。
【薬物投与】
他の病気で処方された薬の中には、副作用で歯ぐきを肥大させるものもあります。

〜口の中の環境に関わるリスクファクター〜

【歯並びの悪さ】
歯磨きが十分にできにくいため、プラークが溜まり、歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。

【口呼吸】
口の中が乾燥することで、細菌の量が増えます。

【歯ぎしり】
ギリギリと力が加わると、歯の周りの組織に負担がかかり、歯周病を悪化させることになります。

〜女性の時期に関わるリスクファクター〜

【思春期】
女性ホルモンがつくられ始めるこの時期は、月経のたびに歯ぐきが腫れやすくなり、ストレスなどで免疫力が低下し、歯周病が悪化することがあります。
【妊娠・出産】
妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌されるため、歯ぐきが腫れやすくなります。また、つわりによって歯磨きが十分にできず、食欲がなくなり、唾液の出る量が減るため、口の中の環境が悪化します。
【更年期】
閉経にともない女性ホルモンの分泌が低下しますが、更年期以降は口の中が乾く人が増えてきます。ホルモンバランスが崩れる上に、唾液の分泌が減るため、歯周病が進行しやすくなります。

〜Point〜
☆時期による特有のリスクは変えることができません。また、先天的な口の中の環境(歯並びなど)も変えることは困難です。しかし、生活習慣は日ごろから意識して改善していくことで変えることができます。
☆まずはご自身にどのようなリスクがあるのか、知ることから始めましょう。

(4)歯周病の発症・進行のプロセス(過程)

歯周病は、一度発症すると急速に進行していくというような病気ではありません。長い年月をかけてゆっくりと進行していきます。 思春期や成人期以前に歯周病になる場合、一般に遺伝的な要因が関わっていることが考えられますが、ほとんどの場合は、口の中に溜まったプラークに含まれる歯周病菌が原因で歯周病になります。そこに先ほどの歯周病のリスクファクターが組み合わさることで、歯周病はより悪化していきます。 歯周病の発症・進行のプロセスを知ることで、歯周病に対する理解を深めましょう。

4. 歯周病に対する当院の取り組み

歯周病が重度に進行してしまった場合には、複雑な治療を行ったとしても、その後に不安が残ります。 最も重要なことは、歯周病を発症させないことです。 若いうちからリスクファクターに注意し、ホームケアとプロフェッショナルケアを上手に組み合わせれば、大きな成果をあげることができます。 最も素晴らしい歯周治療は、健康な口の中を保ち、歯周病を発症させないまま維持していくことです。そのためには、私たち専門家と患者様が、歯周病に対する正確な情報を共有することが必要です。 当院では、患者様自身がご自分の口の中の状態やリスクを確認できるよう、ひとりひとりに健康管理ノートをお配りしています。更に、定期的なメンテナンスに来ていただくことで、担当の歯科衛生士が生涯にわたって患者様の歯石やバイオフィルムを除去し、細菌レベルをコントロールするため、歯周病の発症を未然に防ぐことができます。

5. 歯周病の進行度

健康な歯
<歯肉炎>
・歯磨きで血が出たりしませんか?
・歯ぐきが赤く腫れたりしていませんか?
歯に溜まったプラークが、歯ぐきに炎症を起こすと、歯ぐきが赤く腫れ上がりぷくっとした状態になります。 この状態で歯磨きをするとよく出血を起こしたりします。 歯を支えている組織はまだ失われていない状態です。
この段階であればきちんとしたケアをすれば、炎症は収まり健康な歯ぐきに戻すことができるのです!健康なお口でいられることで、いつまでも自分の歯で美味しく食事を摂ることができます。思いっきり笑ったり健康で長生きできたりと明るい未来が待っています。
<歯周炎(軽度)>
歯ぐきの炎症がひどくなり、出血に加え歯ぐきの色が赤紫色に黒ずんだり、歯を支えている組織が溶け始めた状態です。 歯と歯ぐきの間の溝が深くなり、プラークや歯石が溜まってきます。 喫煙者などでは、歯ぐきの腫れは目立ちません。 歯周病は是非、このくらいのうちに治してしまいましょう! このくらいなら、ほとんど元通りに治ります。
<歯周炎(中等度)>
歯ぐきがさらに腫れ上がり、繁殖した細菌の影響で、口臭も気になり始めます。 歯磨きの時に出血したり、膿が出たり、歯がグラグラすることもあります。 歯を支えている骨の破壊が1/3近くまで進んだ状態です。 炎症が収っても、歯周炎がここまで進行してしまうと、治療後に歯ぐきが下がって歯の根っこが露出してしまうことがあります。
<歯周炎(重度)>
これくらいになると、自分でも異常に気付きます。 歯ぐきの腫れや歯の周りから膿が出るのに加えて、歯がグラグラしたり、朝起きて口がネバネバして臭いが気になります。 歯を支えている骨の破壊が半分以上進んだ状態です。 ここまで進行すると、歯を支えきれなくなって抜け落ちることもあります。 こうなってからの治療はとても難しく、時間も費用もかかります。 たとえ治療したとしても、かなり条件が悪くなっているので再発の危険性が高くなります。

6. 当院で行う歯周病の診査・診断

(1)検査の基本

●レントゲン写真撮影…歯周病により、歯を支えている骨がどのくらい溶かされているかを診ることができます。
●視診…専用の染色液を使い、染め出しをしてプラークのついている量や部位を記録します。
●触診…歯周病の検査では、『プロービング』という歯ぐきの検査を行います。
☆プロービング検査…プローブという先端に目盛りがついている器具を使い、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを測ります。歯周ポケットが深いほど、重度の歯周炎となります。

この検査では、歯ぐきの状態や炎症による出血、歯石の沈着などを調べることができるので、歯周病の治療を行う上で、大切な検査のひとつです。
☆動揺度検査…歯の揺れを調べる検査です。歯を支えている骨が溶けていればいるほど、歯の揺れは大きくなります。
●位相差顕微鏡…口の中の歯周病菌の種類や量などの確認ができます。治療前後の細菌の量の変化もご覧頂けます。
●口腔内写真撮影…治療をする前の状態を記録するために口の中の写真を専用のカメラで撮影します。治療前・治療中・治療後を比較して、患者様にも変化を分かりやすくご覧いただけます。
●唾液検査…歯周病になるリスクや口の中の清潔度に関連する数値をデータ化し、ご自身の口の中の状態を把握することができます。

(2)歯周病検査で使用する最新設備

※当院では、患者様によりよい歯科医療を受けていただきたいという想いから、別途費用はいただいておりません。

【短い時間で正確な診断をしてあげたい】SMT

多項目の唾液成分を測定することにより、口の中の状態を総合的に評価することが可能になり、患者様の歯周病のリスクがすぐに分かります。

特徴
◆従来の唾液検査は、唾液を採取して結果が出るまでに2〜4日かかることもありましたが、このSMTを使う最大の特徴は5分で正確な測定ができることです。
◆一目でわかる結果シートが印刷できます。

【口の中の状態を詳しく見せてあげたい】Grantido-Bon

生きたままの口の中の細菌を鮮明な映像で見て頂くことができる顕微鏡です。

【患者様が見えないところまで見せてあげたい】高性能小型カメラ アインシュタインルミカ

ひとつの歯からお口全体まで映し出すことができるカメラです。

特徴
◆細かいところまで見ることができるので、説明が分かりやすくなります。

当院では、口腔内カメラでご自身のお口の中の状態や症状を確認していただき、治療前と治療中、そして治療後を比較して、どう良くなったかをご説明します。 例えば、手鏡ではほとんど確認出来なかった目立たない歯石でも、大きくはっきりとモニターでご確認いただけますので、患者様に確認していただいた後に治療を行います。

7. 当院で行う歯周病の治療

(1)治療の基本

歯周病の治療は主に、歯周病の原因であるプラーク・歯石を除去することです。 また、毎日のホームケアによって細菌をコントロールすることが、歯周病の治療においてとても重要なため、始めに歯磨き指導を行います。

(2)歯周病治療で使用する最新設備

当院では、超音波スケーラーという 超音波を使った器具で、歯と歯ぐきの間を綺麗にしていきます。
※ペースメーカーをご使用中の患者様へ※
超音波を用いた治療は心臓ペースメーカーが誤作動を起こす可能性があります。 そのため、ペースメーカーを使用中の患者様には超音波を使用せずに、専用の器具を用いて治療を行います。 問診票には必ず、ペースメーカーの有無をご記入ください。

【頑固な歯石も綺麗に取ってあげたい】エアースケーラー Ti-Max S970

常に最適な振動で、強固な歯石の除去からメンテナンス・歯面清掃などを行う道具です。

特徴
◆バランスの良いスリムなボディーなので、口の中で自由に動かすことができ、広い視野の確保ができます。そのため、取れにくい場所にある歯石にも届きやすくなります。

◆3段階でパワーを調節できるため、治療に応じた最適なパワー設定が可能です。

友だち追加

よつば歯科クリニック
下関市秋根北町1-3