欠損部治療

歯を失ってしまった場合の選択肢

歯を失ってしまった場合の選択肢

虫歯や歯周病、怪我などで歯を失ってしまった場合は、人工の歯を使って歯を補う治療を行います。歯が失われたまま放置すると、食べ物をしっかり噛めなくなったり、噛み合わせが変化して身体にも悪い影響を与えてしまうケースもあります。
歯を補う治療として当院では、「インプラント」、「入れ歯」、「ブリッジ」という3つの選択肢があり、患者様のお口の状態やご予算などのご希望に応じて、最適な治療をご提案いたします。

インプラント

インプラント

「インプラント」とは、「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。歯科の世界では、失われた歯の部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、顎の骨と結合させた後に、その先端に人工歯を装着する治療を指します。自分の歯のようにしっかり噛める安定感や審美性に優れています。

メリット

  • 義歯と併用した場合、義歯の固定元となるためぐらつきがない
  • まわりに残っている健康な歯を削る必要がない
  • 自分の歯のようにしっかりと噛める
  • 長持ちしやすく、虫歯にならない
  • 見た目が天然歯に近く、審美性が高い

デメリット

  • 自費診療のため保険適用外である
  • 外科的な手術が必要になる
  • 健康状態によっては治療を受けられない

当院のインプラント治療

骨への負担を抑えた「OAM(大口式)インプラント法」

当院のインプラント治療では、 顎の骨への負担を抑える「大口式インプラント法(OAMインプラント法)」を採用しています。
従来のインプラント治療ではインプラントを埋入するために顎の骨にドリルで穴を開けていましたが、大口式インプラント法は、歯の表面に小さな穴を開け、専用の器具で穴を広げてインプラントを埋入します。ドリルで骨を削ることがなく、出血が少なくて済むので、患者様への身体的な負担を軽減できることが大きな特徴です。また、骨が細くて骨移植が必要な方でも、骨移植なしで治療を受けていただくことが可能です。

OAMインプラントの工程

OAM(大口式)インプラント法の特徴

◆骨の削除が少なくて済む

◆出血量が少なく、痛みも少ない

◆術中の不快な音や振動が少ない

◆術後の腫れも少ない

 

信頼のおけるインプラントメーカーを採用

顎の骨に埋入するインプラント(人工の歯根)は、安全性や耐久性を重視し、 信頼のおけるメーカーのものだけを採用しています。
当院では、世界のインプラント治療において長い歴史と実績がある「ストローマン(スイス)」と、高い品質を誇る国産メーカー「アローインプラント」のインプラントを使用しています。

入れ歯

入れ歯

すべての歯を失った場合は「総入れ歯」、歯が1本でも残っている場合は「部分入れ歯」を装着します。当院では、保険適用の入れ歯の他に、透明なバネを使用した審美性の高い入れ歯も取り扱っています。 患者様のご要望に合わせた入れ歯を提供することができます。

メリット

  • 外科的な処置がなく、手軽につくることができる
  • 治療期間が比較的短い
  • 調整がしやすい

デメリット

  • 入れ歯の種類によっては装着時に違和感がある
  • 硬いものをしっかりと噛みにくい
  • 取り外しや入れ歯の洗浄を行うのが面倒

当院の入れ歯治療

保険診療・自費診療のどちらにも対応

当院では、患者様のご希望に応じて最適な入れ歯のご提案 をいたします。スピーディーに低予算でつくることができる保険診療の入れ歯はもちろん、審美性や機能性にこだわった自費診療の入れ歯も取り扱っています。それぞれのメリット・デメリットをしっかりお伝えし、ご納得いただいた上で患者様に適した入れ歯をご提供 させていただきます。

工程数をかけ、丁寧に入れ歯をつくる

保険診療の入れ歯はあらかじめ製作工程が定められていますが、自費診療の入れ歯はより多くの工程を加えて、オーダーメイドに近い形で製作しています。患者様の口の中の状態に合わせて、細かな検査と調整を行いながら入れ歯をお作りいたしますので、仕上がりのクオリティーが高く、大変ご満足いただいています。

当院で取り扱う入れ歯の種類

入れ歯【保険診療】

保険適応内で定められた素材と工程でつくる入れ歯です。義歯と義歯床はプラスチック(レジン)でできています。スピーディーに出来上がるのと安価である点がメリットです。
ただし、カスタマイズが限られているので、装着感や噛み心地に違和感があったり、入れ歯とすぐ分かる見た目が気になるというデメリットもあります。

金属床【自費診療】

<自費診療>金属床

義歯床の部分に金属を使っている入れ歯です。

メリット

  • 匂いが少なく、汚れが付着しにくいため衛生的である
  • 土台部分(床)が薄く密着性に優れ、装着したときの違和感が少ない
  • 熱伝導率が高く、食べ物の温度が伝わりやすい
  • 発音しやすく、金属のため強度が高い

デメリット

  • 自費診療のため保険適用外である

ノンクラスプデンチャー【自費診療】

ノンクラスプデンチャー

従来の入れ歯のように、健康な歯に金属バネを引っ掛けて入れ歯を固定するタイプではなく、樹脂素材の入れ歯を装着して固定する入れ歯です。

メリット

  • 金属バネがないので入れ歯と気づかれにくく、審美性が高い
  • 薄くて軽いので装着時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 自費診療のため保険適用外である

クリアクラスプデンチャー【自費診療】

クリアクラスプデンチャー

入れ歯を固定するための金属バネの代わりに、透明な素材のバネを使った審美性の高い入れ歯です。

メリット

  • 金属バネがないので入れ歯と気づかれにくく、審美性が高い
  • 薄くて軽いので装着時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 自費診療のため保険適用外である

ブリッジ

ブリッジ

「ブリッジ」とは、失った歯の両側の歯を削り、そこに橋(ブリッジ)を架けることによって失った歯を補う方法です。1~2本といった少数の歯の欠損で用いられることが多く、保険診療でスピーディーにできることが魅力 です。
一方で、ブリッジを固定するために健康な歯を削る必要があり、その歯がダメージを負ったり、しっかり噛みにくい、見た目が気になるといったデメリットがあります。

メリット

  • 自分の歯のように噛める
  • 入れ歯のように取り外しの必要がない

デメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
  • 清掃しにくい
  • 支えにした歯の寿命が短くなる
  • 欠損の本数が多いと適用外となる

お問い合わせはお気軽に

私たち「よつば歯科クリニック」は、口の中が病気にかからないように「未前に防ぐ」ことを目的とした「予防専門の歯科クリニック」として、地域の皆様の健康をサポートしています。

pagetop