根管治療

根管治療とは

根管治療

マイクロスコープを用いた根管治療

神経まで虫歯が進行している場合は、「根管治療(歯内療法)」を行います。根管治療とは、虫歯菌に侵された神経を除去する治療 のことです。当院では、根管治療の際に「ネクストビジョン」というマイクロスコープを使用します。マイクロスコープは、肉眼の80倍に視野を拡大してくれる歯科用顕微鏡で、より精密な治療を行うことが可能です。治療時の歯の状態によっては麻酔を行い、痛みがない状態で治療しますのでご安心ください。

このような方への治療です

〜あてはまる方はご相談を〜

  • ご自身の歯を残したいと考えている方
  • 虫歯が神経にまで侵食し歯を抜かないといけないと言われた方
  • 歯に強い痛みを感じる方

 

 

具体的な治療法について

虫歯には段階があり、神経まで侵食した虫歯は通常の一般歯科治療ではご自身の歯を残すことができません。その際の選択肢が「根管治療」です。
根管治療はその名の通り歯の根っこの治療をさしますが、構造がとても複雑なため、少しでも虫歯が残っていると治療を行っても再発の危険性があります。そのため、さまざまな歯科治療の中でも最も歯科医師の技術と経験が要求される治療のひとつです。
治療の内容としては、虫歯に犯された歯の神経に対し、小さな針のような治療機器を神経の中に入れ、虫歯菌を取り除きます。

治療時の痛みについて

お薬を使って痛みを軽減します

根管治療は基本的に複数回の通院が必要です(個人差あり)。治療中はきつい痛みを感じることがありますが、状況に応じて麻酔を使用して痛みを軽減して治療を行いますのでご安心ください。

 

 

高度な「再植療法」を行っています

根管治療を行っても歯の根っこの状態が悪く、治療後の回復が期待できない場合は、抜歯をして義歯やインプラントで補う治療が行われてきました。
しかし当院では、抜歯をした後で悪化した根っこの一部分を切除し、それ以外の健康な歯を再び埋め込むという「再植療法」を行っています。また、抜歯した親知らずを悪くなった歯の代わりに再植する方法もあります。ご自分の歯を使用するので安心・安全です。

お問い合わせはお気軽に

私たち「よつば歯科クリニック」は、口の中が病気にかからないように「未前に防ぐ」ことを目的とした「予防専門の歯科クリニック」として、地域の皆様の健康をサポートしています。

pagetop