歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは?

日本人の成人の約80%がかかるといわれる「歯周病」は、細菌感染によって、歯を支える骨や組織が壊される病気 です。
食べカスなどが歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、そこから歯周病菌が繁殖することが原因となります。繁殖した歯周病菌が歯周組織を破壊し、最悪の場合は歯が抜け落ちることもある怖い病気です。
また、歯周病は単に口の中の病気にとどまらず、糖尿病や循環器系の疾患など全身疾患の要因にもなっているといわれています。

歯周病の症状

初期の歯周病では無症状の場合もありますが、進行するにつれて以下のような症状がみられるようになります。

  • 歯を磨くときに、出血することがある
  • 口が臭いと言われたことがある
  • 歯ぐきから膿が出ることがある
  • 歯がぐらぐらと動く感じがする
  • 歯ぐきが赤く腫れたり痛むことがある
  • 前よりも歯が長くなったように感じる

初期の歯周病では無症状の場合もありますが、進行するにつれて以下のような症状がみられるようになります。

  • 歯磨きのときに出血することがある
  • 口が臭いといわれたことがある
  • 歯茎から膿が出ることがある
  • 歯がグラグラと動く感じがする
  • 歯ぐきが赤く腫れたり痛むことがある
  • 以前よりも歯が長くなった気がする

歯周病の進行度

歯周病の手前段階<歯肉炎>

歯肉炎

歯周病菌によって歯茎に炎症が起き、赤く腫れる、出血するなどの症状が出ます。歯を支える組織はまだ失われていない状態なので、正しい歯磨きや歯のクリーニングを行うことで回復します。

軽度歯周病

軽度歯周病

歯茎の炎症がひどくなり、歯を支える組織が壊され始めた状態です。歯茎の腫れや出血などの症状がみられます。また、歯と歯茎の間の溝が深くなり、さらに歯垢や歯石が溜まりやすくなるので、歯周病が進行しやすくなるのも注意すべき点です。正しい歯磨きや歯のクリーニングを行うことで進行を食い止めます。

中等度歯周病

中等度歯周病

歯茎の炎症がさらに悪化し、歯を支える骨が1/3近くまで壊されている状態です。歯茎の出血のほかにも、膿が出たり、口臭がひどくなったり、歯がグラつく場合もあります。正しい歯磨きや歯のクリーニングを継続しながら、歯肉を切開して、歯の根っこの部分の治療を行うこともあります。

重度歯周病

重度歯周病

歯周病が進行して、歯を支える骨が半分以上、壊された状態です。歯のグラつきがひどくなり、最悪の場合は歯が抜け落ちることもあります。ここまで進行すると治療が難しくなるため、抜歯をするケースが多くなります。

当院の歯周病治療

高性能な医療機器を使って正確に診断

高性能な医療機器を使って正確に診断

視診や触診、歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の検査、レントゲン撮影をはじめ、歯周病菌の種類や量を測る「位相差顕微鏡」を使用したり、「唾液検査」なども行い、歯周病の進行状況を詳細に検査しています。これにより歯周病のリスクを把握するほか、治療が順調に進んでいるかどうかの判断材料としています。

予防と治療を兼ねた歯のクリーニング・歯磨き指導

歯周病は細菌感染症ですので、口の中を清潔に保つことが予防となり、同時に治療にもなります。当院では、患者様が毎日行う歯磨きについてアドバイスをしたり、院内で専用の機器を使った歯のクリーニングを行います。

重度歯周病には「歯周組織再生療法」も実施

歯周病が進行した場合は、歯を支える骨や組織が壊されます。そこで当院では、壊れてしまった歯周組織を再生する、高度な「歯周組織再生療法」を実施しています。特におすすめしているのが「リグロス」という薬剤です。リグロスは保険適用の材料で、筋肉や骨などの細胞増殖や分化を促し成長させるタンパク質が含まれており、口内で破壊された歯周組織を再生することができます。

リグロスについてはこちら

お問い合わせはお気軽に

私たち「よつば歯科クリニック」は、口の中が病気にかからないように「未前に防ぐ」ことを目的とした「予防専門の歯科クリニック」として、地域の皆様の健康をサポートしています。

pagetop