親知らずの抜歯

親知らずの抜歯について

親知らず治療

親知らずは、斜めや横向きに生えることが多く、ときには歯茎の炎症や痛みの原因になることもあります。親知らずがあることで歯が磨きにくくなり、虫歯や歯周病を引き起こすことがあるので、適切な治療を行うことが大切です。

そもそも親知らずは抜かないといけないの?

親知らずは前歯から数えて8番目にある口の中の最も奥に生えてくる歯です。
「親知らずは絶対抜いた方がいい」、「痛くないのであれば親知らずは抜かなくていい」、「少しでも親知らずの白い部分が見えていれば抜くべき」など、親知らずの抜歯に関して様々な意見を聞くと思います。当院では親知らずの今後の活用も含めてご提案させていただきます。
特に、痛みや腫れがすでに発生している場合は早い段階での抜歯が必要です。そのままの状態にしていると、歯並びが悪くなったり、あごへの負担、噛み合わせの乱れなど他の歯にも悪い影響を与えてしまいます。
ですが、抜歯の必要がないケースもございますので、まずは当院へご相談ください。

当院の親知らずの抜歯の特徴

親知らず自体が虫歯になっている場合や、親知らずの影響で周囲の歯が虫歯や歯周病になりやすくなっている場合は、親知らずの抜歯をして治療を行います。
その場合は、親知らずの生え方や血管・神経の位置などをCT撮影を行い正確に検査し、安全面に配慮して抜歯します。リスクを伴う場合は、提携先の専門外来をご紹介しますのでご安心ください。

  • CT撮影による正確な検査
  • なるべく痛みと腫れを抑えた治療
  • 短時間で治療が完結

抜歯後の親知らずの再利用について

虫歯や歯周病、怪我などで歯を失った場合は、抜歯した親知らずを欠損部に埋め込む「再植療法」にも対応しています。ご自分の歯を使用するので安心・安全です。

治療費の目安

処置の時間 約60分
来院回数 1~2回
費用 ¥10,000円前後(埋伏抜歯・CT撮影含む)
※保険適用

お問い合わせはお気軽に

私たち「よつば歯科クリニック」は、口の中が病気にかからないように「未前に防ぐ」ことを目的とした「予防重視の歯科クリニック」として、地域の皆様の健康をサポートしています。

pagetop